MERIの素材

 

MERIは土台と鼻緒の2つのパーツからできています。

今回はMERIの履き心地の良さの秘密のひとつ、

ふかふかな土台についてのお話です。

 

素材は綿50%ポリエステル50%の

中空糸(ちゅうくし)という糸です。

中空糸とは中側が空洞になっているストロー状の糸のことで、

軽くて柔らかいのが特徴的です。

よくタオルなどに使われています。

 

その糸でメリヤス紐を機械で編んでいきます。

この編み機はMERIKOTIにあるもので

ときどきお店でもせっせと紐を編んでくれています。

70年以上前の機械でお手入れをしながら大切に使っています。

 

メリヤス紐は職人さんの手によって一つ一つ

MERIの土台の形に編まれていきます。

 

きつく締めすぎると固くなってしまいますし

ゆるく編むとふにゃふにゃの土台になってしまいます。

手編みであるにも関わらず全て心地良い柔らかさにすることは

まさに職人技なのです。

 

こうした工程を経て土台が出来上がり、

鼻緒をつけてMERIとなります。

 

こだわった素材で職人さんが手編みしているMERIを

ぜひ店頭でお試しください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です